DIYで思い通りの部屋を作ろう!

希望を満たす部屋にしたい

>

ものが溢れかえっている場合

部屋をスッキリ見せる

ものが多いと、現在の収納スペースでは足りないと思います。
DIYすれば棚を増やせるので、そこにしまってください。
必要な道具は、板やネジになります。
また工具も必要なので、この機会に購入しておきましょう。
ホームセンターに行くと、工具をレンタルできるサービスを行っています。
しかしこれから何回もDIYをするなら、そのたびに工具を借りるのは面倒でしょう。

自分の使いやすい工具を持っていた方が作業しやすいですし、愛着が湧きます。
最初はトイレの棚など、見えにくい部分から作ると良いですね。
それなら失敗しても、頻繁に見られるわけではないので安心です。
慣れてきたらリビングやキッチンなど、他人から見られる可能性の高い部屋の棚を作ってください。

自分で切るのが怖い

棚を作るのに、どのくらいの大きさの板があれば良いのか計画を立ててからホームセンターに材料を買いに行ってください。
しかしホームセンターでは、手頃なサイズの板が販売されていないことがあります。
その場合は大きな板を買って、カットしてください。
ノコギリがあれば、自分でカットできます。
しかし初心者には少し難しいですし、計画よりも小さいサイズになったら棚を作れないので購入した意味がありません。

不安な人は、ホームセンターの店員に相談してください。
ほとんどのホームセンターでは希望する大きさに、カットしてくれるサービスがあります。
小さいサイズだったら無料で行ってくれますが、サイズが大きくなったり板を何枚も切ってもらう場合は、料金が発生することが多いです。


TOPへ戻る